旅館経営・旅館集客の相談が無料 低価格でできる3つのオススメ相談先

旅館経営・旅館集客の相談が無料 低価格でできる3つのオススメ相談先 活動報告

旅館の経営方法、旅館集客の悩みの相談先は、次の3つがあります。

    1. ミラサポ(国の機関)
    2. エキスパートバンク(商工会議所、商工会)
    3. 中小企業振興センター(県)

相談内容に応じた「旅館専門家」を現地へ派遣してくれて料金は無料、または低価格で支援を受けることができます。

 

旅館経営、旅館集客の相談が無料で年3回! 一番使い勝手がいいミラサポ

ミラサポのホームページ

ミラサポのホームページ

「ミラサポ」は国の機関である中小企業庁が運営。

  • 各種専門家を無料で派遣
  • 派遣は年3回まで、1回最大6時間

という専門家派遣事業を提供しています。

 

次のような特徴と、使い勝手があります。

  • 1回ごとに相談テーマの変更可
  • テーマに応じた専門家を選べる
  • 専門家が現地に訪問指導
  • 小規模〜中規模程度の幅広い企業に対応

全国各地から自由に旅館専門家を指定できて多彩な支援を無料で受けられ、交通費・宿泊費等の負担も不要。

ミラサポの使い方

  1. ミラサポHPで会員登録、企業情報を登録
  2. 最寄りの「よろず支援拠点」「地域プラットフォーム」に相談して「ミラサポ」を使いたいと告げる
  3. 専門家が訪問
  4. 派遣された専門家が来たことの証明、やった内容の評価をミラサポHPに入力

まずはミラサポのホームページか、次の電話番号で詳細をご確認ください。

ナビダイヤル:0570-057-222(電話料有料)

IP電話等からのお問い合わせ:03-6631-9583(電話料有料)

電話受付 : 平日9:00〜17:00(土日祝日・年末年始お休み)

また、よろず支援拠点、地域プラットフォームでも相談を受け付けています。

「よろず支援拠点」とは

長野県よろず支援拠点

長野県よろず支援拠点

「よろず支援拠点」とは、長野県の場合は長野県中小企業振興センター内にある「長野県よろず支援拠点」のことです。

長野県よろず支援拠点
(長野県中小企業振興センター)
〒380-0928 長野市若里1-18-1
長野県工業技術総合センター3階
受付:平日8:30~17:15(土・日・祝は休み)
TEL:026-227-5875
FAX:026-227-6086
URL: https://www.yorozu-nagano.jp/
Mail: yorozu-5@icon-nagano.or.jp

長野県よろず支援拠点 ご相談のお申し込み

 

「地域プラットフォーム」とは

「地域プラットフォーム」とは、中小企業庁が認定した地域の中小企業支援機関の連携体であり、地域の支援機関による中小企業者等支援のための連携体です。地域プラットフォームは、本事業の専門家派遣事業の窓口機能を担う他、その構成機関が連携して地域における中小企業・小規模事業者の経営を支援するための取組を行います。旅館業の場合、地元の商工会議所、商工会、金融機関が身近なプラットフォームとなっています。

 

商工会議所・商工会に加入の旅館ならエキスパートバンク、こちらも無料

エキスパートバンク制度

エキスパートバンク制度

商工会議所、商工会に加入されている場合、エキスパートバンクもぜひご活用ください。

エキスパートバンクとは、商工会議所、商工会の制度で、

  • 年3回まで無料で専門家を派遣
  • 1回2時間程度から相談できる

長野県の場合は、長野県中小企業振興センターに認定を受けた専門家の派遣を受けられます。

ミラサポとは別の制度なので、ミラサポの後にエキスパートバンクという使い方も可能です

(主な対象は、小規模事業者であること。3回を超えての派遣は有料となります)

 

エキスパートバンクの使い方

エキスパートバンクを使う前提として、商工会議所、商工会に加入している必要があります。

  1. 加入先の商工会議所、商工会に経営相談
  2. 「エキスパートバンク」使いたいと告げ、利用申請
  3. 専門家が派遣される

上記のように商工会議所、商工会への相談により派遣が決まります。

まずはご加入の商工会議所、商工会に電話して「エキスパートバンクについて知りたい」と問い合わせてみましょう。

 

何度も相談したい旅館は中小企業振興センター、低価格で最大年12回

長野県中小企業振興センター

長野県中小企業振興センター

中小企業振興センターでは、低価格の専門家派遣事業を実施しています。回数の多い支援が受けられることが特徴

  • 負担額は1単位2時間で8100円程度
  • 対象は中小企業全般

相談時間と回数は次の通りです。

  • 相談は2時間を1単位
  • 1日の上限が6時間(3単位)
  • 年度内では24時間(12単位)まで

2時間単位であれば、1年に最大で12回の相談が可能。利用単位は自社の状況に応じて調整可能となっています。

ただし、以下の制約があります。

  • 年度内に1企業で1つのテーマに限る
  • 年度内に1企業で同一の専門家に限る

長野県の場合であれば、長野県中小企業振興センターへ「専門家派遣事業について聞きたい」と連絡してください。

 

中小企業振興センターの専門家派遣の使い方

  1. 電話または訪問にて専門家派遣を使いたいと相談
  2. HPから申請書をダウンロードして記入、提出
  3. 担当者によるヒアリング
  4. 専門家派遣
  5. 中小企業振興センターへ報告書を提出

HPからダウンロードした申請書に記入して、郵送

最初はわからないこともあるかと思いますので、まずは電話での問い合わせをしてみてください

長野県中小企業振興センター
経営支援部
〒380-0928 長野市若里1-18-1
長野県工業技術総合センター3階
TEL:026-227-5028
FAX:026-227-6086
URL: https://www.icon-nagano.or.jp/cms/modules/contents/page/haken
Mail: haken@icon-nagano.or.jp
受付:平日8:30~17:15(土・日・祝は休み)

 

公的機関による旅館経営、旅館集客の専門家派遣だから安心

ミラサポ、エキスパートバンク、中小企業振興センターの専門家派遣はいずれも公的機関による運営です。そのため、

  • 国や県に認定を受けた旅館コンサル、専門家が対応
  • 専門家には厳しい制約あり
  • 情報はきちんと守られる

という部分での安心感がありますよね。

旅館専門家の相談料、交通費、宿泊費などは公的機関が負担なので、追加料金が発生する心配もありません

万一、自社に合わない専門家であった場合でも、決められた回数が終わればそこで指導終了ですから気軽に使っていただけます。

 

旅館経営・集客が課題なら旅館経験のある「旅館専門家」を選ぶべき

旅館経営、旅館の集客、売上アップが課題であれば、旅館経験のある「旅館専門家」(旅館コンサル)を選ぶべきです。理由は、旅館経営や集客、売上アップは小売りや工場、他のサービス業と違って難しく、よくご存知だと思いますが「旅館業は特殊」といわれる業界だからです。旅館には独特の売上構造があり、現場オペレーションも複雑。一般のサービス業や小売店とは全く違う、注意すべき点がたくさんある。

一見、誰も同じと感じる専門家ですが、相談内容によって向き・不向きがあります。

  • 旅館経営・集客・売上アップが課題
     → 旅館経験のある旅館専門家
  • 計数管理・経理・財務が課題
    → 経営コンサルさん、中小企業診断士出身の専門家
  • 旅館HPの作り方、業界データ
    → ウェブ制作会社、ネットエージェント出身の専門家

 

最もご注意いただきたいのは、専門が「旅館・ホテル」という場合

旅館とホテルでは営業許可のほか、収益構造がまったく別物ですよね。

この両方に業態に精通するのは相当難しいことです。自社の状況にあった専門家を選びましょう。

 

旅館経営の相談はミラサポ、エキスパートバンク、中小企業振興センターの順で

旅館経営でご苦労されているあなたなら、まずは公的機関の無料相談がオススメです。旅館の専門家を無料で派遣してもらえます。

使い勝手のよさ、便利さ、効果を考えると以下の順番で専門家派遣をお願いするといいかと思います。

  1. ミラサポ
  2. エキスパートバンク
  3. 中小企業振興センター

一般的なコンサルタントにご相談する前に、まずは国や県が支援しているミラサポ、商工会議所、商工会、金融機関、そして中小企業振興センターなどにご相談ください。とても親切に、しかも無料で相談に乗ってくれています。

なかなか経営の厳しい旅館業界ですが、こういった無料相談先を遠慮なく利用して経営改善を目指しましょう!

受付終了にご注意を。公的機関ですから、年度途中であっても予算が消化されてしまえば受付を終了することがあります。

コメント