繁忙期だからこそ

活動報告

GWの10連休が始まってますね。みなさんにとっては1番の掻き入れどき。お忙しい毎日だと思いますが頑張ってください。GWの繁忙期が過ぎると気も緩みやすくクレームに繋がりやすいので、こちらもご注意してくださいね。

当社も自社運営している施設は、お陰様で満館状態でスタッフフル稼働で営業をしております。私はというと、昨日は北信エリア。本日は中南信エリアとクライアント施設さんに訪問しております。どの宿でも超連日満館!有難いことですが、加えて先々の予約も連日入ってくる状況になっており、現場だけでなく予約管理もバタバタの状態になっています。

前にもブログに記載しておったかと思いますが、予約は「生き物」です。予約になるのもあればキャンセルになるものもありますよね。この業況を都度掴んで、都度その日にあった販売戦略を立てなければいけません。在庫はもとより、単価、販路もです。ただ予約が入ってラッキーと思っているだけでは、その日だけの売上が確保されたたけで、月間にしてみたらほんの一部の売上です。

月間の売上を立てるためには、単日よりも全日の予約獲得をしなければいけないのは言うまでもありません。ですから、「日ごと」の状況把握は欠かせないのです。また、戦略を立てる上で「月単位での売上状況」も把握しておくことが必要です。昨年と比べてどうなのか?高く売るべきか?安く売るべきか?いつのタイミングで調整すべきか?予約売上の状況を掴んでいないと判断できませんよね。限られた部屋を満室にし、月の売上を立てるにはこれら細かな状況判断と調整を予約が入るたびに都度行う必要があるのです。

こうした積み重ねがあるからこそ、また、一からの予約獲得があるからこそ売上は作られます。繁忙期はお客さんも休みのため予約も動きやすいときです。ぜひ、疎かにせず細かな管理と状況判断をしていきましょう。

コメント